ハイジニーナ脱毛をしたら、アフターケアもしっかりと行いましょう。

シースリーの脱毛は痛いのか

日本人女性の肌に合わせて開発されたマシン

シースリーでは他の脱毛サロンと同じように光脱毛でお手入れを進めます。黒い色に反応する光を照射して、毛母細胞だけを選択的に攻撃するという仕組みです。言ってみれば熱で毛母細胞を焼き切る方法ですから、その際に周囲の肌もそれなりのダメージを受けます。シースリーは脱毛効果が高いことで知られていますので、そうなると痛いのではと心配かもしれません。でも大丈夫なのです。
シースリーでは日本人女性の肌質・毛質に合わせて開発されたルネッサンスという脱毛マシンを採用しています。

ハイジニーナに必要なアフターケア

外国製の白人の肌質・毛質に合わせて開発されたものではなく、日本人女性に合わせて作られたものなので、それほど痛みはないのに高い脱毛効果を発揮できるわけです。

銀座カラーで9回以上の施術と値段と

もちろん無痛ではなく、少々痛いこともあるかもしれませんが、その痛みは医療レーザー脱毛の比にはなりません。問題なく耐えられる痛さなのです。
ただ、肌の弱い部分、VIOなどに関しては他の部分よりも痛みを伴うことが多いようです。VIOなどは範囲が狭いのでちょっと我慢すればすぐ終わりますが、それも無理なら出力を下げてもらうという方法もあるので、スタッフに痛い旨を伝えてみるといいでしょう。

シースリーの中途解約について

シースリーでは途中解約が可能です。中途解約というと違約金などの手数料が気になるところですが、どうなのでしょうか。

エターナルラビリンスの先着キャンペーンの解約方法について

月額制のコースであれば解約時に手数料や違約金などはかかりません。回数制に関しても総支払額から通った回数分の金額を引いた残額が戻ってくるのではじめから安心して本コースに申し込めるのです。
ただ、ここで気を付けたいのが契約の自動更新です。月額制の回数無制限コースの場合、これで脱毛が終わったと思っても、解約の手続きをしないと翌月も自動更新されてしまい料金の支払いが発生してしまいますので注意しましょう。
それと契約から8日間のクーリングオフ制度ももちろん適用できます。カウンセリング時にその場の雰囲気に流されて契約したけれど、帰ってからやっぱり契約すべきでなかったとか、妊娠が発覚したとか、急に引越しすることになったとか、契約を解除したい場合、所定の手続きを済ませれば無料で契約をなかったことにできるのです。無料ですが、手続きは必要なので、できればこういった制度は利用したくないでしょうが、万が一の際に利用できるのは安心です。

© ハイジニーナに必要なアフターケア